2011年3月5日土曜日

Normalization


今日は新月だそうです。
ずっと、遠まわしにしていたことに着手することとしました。

それから、
先月から福祉の勉強をはじめました。
もうしばらくのあいだ、
関心はあるものの踏み込めずにいました。

でも今は、勉強をはじめてよかった
と思っています。
どこへ向かうのか まだわからないながらも。


Normalization
ノーマライゼーション:普通にすること

というアイデアがあることを学びました。

もともとは1959年にデンマークで
知的障害者の生活を保障するものとして定義づけられたものだそうです。


障害の有無に
関わらないところであるとも思うのですが
(そして、わたしはどこかで
障害の程度の差があるだけで
すべての人が障害者であるような気がするのです。
または、健常者であるような)

障害や老化によって
日常生活動作が衰えたり
スムーズに行うことができなくても

その人が、
その人らしく
人間らしい生活を営む権利があり
その権利を尊重する

その人らしい日常生活を
営み続けることができる

というアイデア
のようです。



いいな
と思いました。




0 件のコメント:

コメントを投稿