2011年4月30日土曜日

4月のこと。

 

プロ野球が始まった。
わたしは詳しくないけれど
ラジオのナイター放送はすごく好きだ。

アナウンサーの熱を帯びた声 歓声
澄んだ夜の空気とそこにある高揚

部屋の中や
車の中の小さなスペースに
離れた場所の同時刻が入り込む。

大勢の人がひとつのプレーに歓喜したり
胸を震わすことを
美しいと感じる。





4月もとても長かった気がする。



本を読んだり、映画を観るとき
これは地震前のことなんだよな
という思いが湧く。
あの経験のない世界の話なんだよなと思う。


地震があって、感じたり考えたりしたことと
個人的に続いている日常の中で
考え続けていたことが融合していく。

その中で生まれるものがあって
いらなかった、と気づくものがあって

今、更新されていくアイデアは
遠い未来に対しても
強い影響力を持っている予感がする。



わからないことがたくさんあり
わかっていなかったと気づくことも増えていく。


意志を必要とする部分が明るくなっていく。





誰かのことを思う時間が
多くなる。

なにができるだろうと探している。



あたたかい蒲団で眠っている。





気楽すぎるのではないかと
自分に刃先をむけながらも

愛という選択肢について
予感してもいる。



 
 
やさしさについてすこし、わかった気がする。
 
 
 
 
 




 
 

 
 
5月がくるんだな、と思っている。

 
 
 
 
 
 
 
 
 






このスピーチを共有したいと感じますが ここにわたしのアイデアはありません。
残念ながら今、わたしはこのスピーチを話せる側にいません。
でも、なんか今、と思います。 → 
あと…、(たのしかった!) → 
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿