2011年4月9日土曜日

カーカーカラスが鳴けば

夢をみて、意識が戻って
いい夢だったからもう一度みようと思って
目を開けるまでのあいだに何度か眠ろうとしたけれど眠れなくて
起きたらすべて、忘れていたけど
からだが今日はやさしい。

曇りの海の平穏だ。

目を開くまでうつ伏せて
鳥がパチパチ鳴いているのを耳で聞いていた。
昨夜の会話がお皿の上に残っている。

朝の白い海にいたらいいな優しい人が
赤いポールがしずかに揺れているといいな
ホテルのモーニングはやさしい体のまんなかに
トングでパンを置き去る

今日はどうして新しいんだろう

波が繰り返せば 悲しみが遠くなる

それはいいことなのかな

瓦礫の上で指揮棒を拾う。

わたしたちは
歩かなくてはならない

自分を灯して
はじまる今日を受け入れていく。










ハジマルヨ → 

0 件のコメント:

コメントを投稿