2011年4月10日日曜日

愛とか、魂とかという。


s-clothes-tree 春の展示会へ伺う。

向う途中、
交差点で信号が変わる一瞬の間に風が渡り
無人の交差点に桜の花びらが舞い上がった。
それは魔法のような光景で
風がやみ青信号が点って
歩み出す人々と
地面におさまったばかりのやわらかい花びらをいたわる
そんな気配を小さく、共有した気がする。

魔法は物語の中にしか存在しないのだと学んだような気になっていたけど
そもそも世界は魔法で出来ているのではないかと感じる瞬間が度重なる。

今日のs-clothes-treeさんの洋服だってそう。
着心地も、シルエットも、とりこぼしのない、かわいさも全部魔法みたいだ。

10の手順がいることを、1つの手順で成し遂げることが魔法だと思っていたけれど
10の手順を踏み、完成したものの中に+αが宿っていることが魔法なのかもしれない。


s-clothes-tree → 




0 件のコメント:

コメントを投稿