2011年4月21日木曜日

ワールド イッツ オーバー バット 


  YUKI / ひみつ





昨年の夏、
乳がんで乳房をなくした方についての
ドキュメントやニュースを
TVをつけると、している。というタイミングが重なりました。

その中で
とても印象的で
ずっと心に残っているものがあって
それは
乳がんで乳房を失った方のための
ある下着についてのレポートでした。

片方の乳房を失うことは
精神的にも深く傷つくことだし
それに加えて
左右のバランスが崩れることで
肩こりや頭痛など身体的にも大きな負担が加わるのだそうです。

そこで
下着の
失われた乳房側に、乳房と同じ質量を加える必要が生まれます。

そこで特集されていた
下着は
失われた乳房の重みを
真珠で補っていました。

もちろん
真珠は
絹の中に包まれて
おもてへはあらわれません。

でも
すごく美しいその施しに
胸が熱くなりました。


失った乳房に
美しい真珠をあてること。




ファンタジーだけが届く場所がある。






そのレポートが
忘れられなくて
心の背中に
いつも貼りついているみたいでした。

震災のあと

またしずかに 思い返すことが
重なっています。








 







0 件のコメント:

コメントを投稿