2011年5月2日月曜日

ロックンロール

 
 
『魔法のじゅうたん』をバックミュージックに
パーマ屋さんに見送られて電車に乗る。

「ロックですよ、なおみさん」



5月になった。







shure という場所が生まれました。

shure とは 古代ギリシャ語で
精神を自由にするという意味を持つそうです。




自室の窓際の壁に
「精神の自由」と書いた小さなメモ用紙をずっと貼っていました。
細いボールペンを使ってちんまりしたくせ字で書いたものでも
その言葉はすごく美しい方向を示している気がしました。

ここへ通じていたのかな
とふと思いました。



でも、終着地ではない。

流れはつづいています。



強い風が吹いてオリーブの木が揺れていました。

あの結婚式の日みたい、と思いました。

大切な日にはいつも、強い風が吹いているような気がします。

未来が動いているサイン



今日の気持ちでじゅうたんを織って
乗り込んだら飛んでみる

乗りたい人がいるたび織り足すよ





shureという場所を生み出した勇気と愛
それから冒険心に
心からの敬意を贈っています。

未来が笑って、さざ波が伝わっています。


shure
http://shure.jugem.jp/ 
 
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿