2011年5月20日金曜日

ユーモアは世界を救う




熱がでた。
いつも健康でめずらしいことなので
体の変化をじっと観察してしまう。

腕も足もパツパツとして熱く、
自分の体だけど
こどもの体みたいだなと思う。


体温が高い小さなともだちのことを思い出して
なんだかやさしく、
心強いような気持ちになる。



我ながらばかばかしいが
友達が元気がないことや
いろんなことが
全部どこかで自分のせいな気がして
自分が頑張れば解決するんじゃないかと

本気で思っていたことに気がついて
それからわからないけど涙がでた。


なにもしていないのに
オーバーワーク


呆れ話だし
笑い話になればありがたい。

どうしたらいいのか
わからないのだけど、


今度おいしいごはんを一緒に食べよう。


延滞していたDVDをTSUTAYAへ返しに行く。

デトックスデーだなと思う。 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿