2011年5月14日土曜日

サタデイ

 
朝4時過ぎに
鳥が鳴き始めた。
窓を開けたら冷たい風、雨上がりの夜明け。
むわんと緑の匂い。
山の風だ。


窓を開けたまま、またフトンに潜る。
フトンの中から
夜明けの外の音を聞くのはやさしい。


お腹が減っている。
ホテルのモーニングが食べたいな、
と思う。

冷たいサラダにパンとバターと
スクランブルエッグ
オレンジジュース


眠たい体に
テキパキ用意されるモーニング。


もそもそ食べているうちに
お腹があたたかくなって
パリパリのシーツで眠った体が緩んでいく
あの感覚を思い出す。


雨戸をあける音がした。


それからまた寝て
7時過ぎに起きる。


アーアー吠えてたカラスもいない。
と書いたら
遠くでアーアーいっている。




2時間すこし眠ったのだ。


4時に起きた後、
はじめましての女の人に会って、
その人のかわいい顔も着ていた洋服もはっきり思い出せる。
デニムのスモッグみたいなのを着ていて
絵を描くときにこういうのはいいなと話しながら思っていた。


起きてしばらくしてから
あの人、夢の中の人だったんだと気づいて小さく衝撃。


出会った感覚が具体的すぎて。




 胸の中がまだすこしイガイガ。


でもそこに悔しさを見つける。


悔しいということは
自分がやるべきことをできていない証拠だから
次が見える。
やる。








明日はこんこんこーんです。
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿