2011年8月4日木曜日

どんなかたちになってもいきることができる

自分の中に偏見があって
「○○だからこう」というカテゴライズをしている。
くだらないからやめたいけど、編みこまれてきている。
ゆっくりほどいていきたい。
そうしてそういう偏見は、自分が苦手と感じるものに対して発生してる。
どうして苦手か理由が欲しくて、
その理由にあてはまれば納得できて、
感情をうまく消化できるから作られたのだと思う。
「やっぱりね」という風に。




 
 
 

中村一義/永遠なるもの

0 件のコメント:

コメントを投稿