2011年8月5日金曜日

雨のバチバチのあとの

 
帰り道に空を見上げたら
涼しくて湿度の高いなか星がチラチラしていて
山の中にいるみたいと思った。
流れ星が流れたらいいなと思った。
 
よしもとばななの新刊を買って読む。
涙をこらえる。

世界は個人の物語に寄らない。

なのにどうして
今ここでこの空の色なんだろうと思うようなことがあって
わたしたちはとても通い合っていると
信じる。時々。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿