2011年8月24日水曜日

腰痛予防したいと感じていたら
ヨガ教室を紹介してもらったので
体験レッスンを受けた。

「生きていればみんなそれぞれの形に歪んでゆく」
と先生が言ったとき
涙がでそうになった。

関節に障害のある人が
「わたしの体、曲芸みたい」
と言うから
「わたしは体が固すぎるらしいよ」
と話題をスライドさせる。
違うよ、というのも違く思えた。



ひとつの歪みが生まれると
その負担を補う為に
違う箇所にも歪みが生じる。

くねくね歪みながらも
軸を見つけてなお、
立とうとするのは
美しいことに思える。


そして
歪みに手をあてて
理学療法士が負荷のかかる部位を補っていく様や

筋肉をのばして歪みをただしていく健やかさに触れるたび

視界が開けるような感覚がめぐる。





太陽礼拝というポーズした時
「太陽、ハロー」
と先生が言って

太陽の方向むいて拝まなくても
光に囲まれてると思った。


ハロー

0 件のコメント:

コメントを投稿