2011年9月4日日曜日

電車の中の人はどんなにそれが速く移動していたってゆっくり新聞紙をめくる。

 
 
重たい潮水を浴びたみたいにどっぷり眠った。
目が覚めたら暗くなっている。
サンダルを履いて自転車を漕ぐと
まだ浅い夜は穏やかにたなびく。
台風が過ぎたんだと思った。
 
 
 
昨晩も夜勤でそれはいかんことなのにものすごく深く眠ってしまった気がする。
時々、目を覚ますと冗談みたいに激しい雨音がした。
背中を持ち上げるような強い揺れが一度あって、目を覚まして「今、地震?」と確認して
余震があるかしばらく体を硬くしていたけど気づいたらまた眠っていた。
 
 
 
台風のあとは空気が掻き回されて
澱みも浮き上がり流されて
きっともうすこし健やかな心持ちで生活できるような気がする。
 
 
 
今日の夕方過ぎ、重たい眠りが晴れたら
本当にずいぶん、変わったんだな景色がと思った。
新しい世界にはあまりまだ慣れなくて
いつもどこか心もとない。
それともまだ移動途中なのかもしれない。
 
 
手をつなごう!と思う。
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿