2011年12月23日金曜日

「サンタさんにお手紙ハイドーゾ」

母の誕生会の買い出しをしたり
年賀状を刷ったり
サボテンの鉢をかえたり
枯れてた花瓶の花をかえたりした。

その合間に
冷たい風を浴びたり
くっきり浮かぶ秩父山脈見たり
キンと冷えた手を手袋のやさしい手と合わせたりした。

重なっていた不在着信の履歴にも終止符。
久しぶりの声にぽかぽかする。


特別なものはなにもないけれど
ひとつひとつが尊い。

あるのが当たり前だから
欠けてはいけない。
あって欲しい。明日も明日も明日も。

年と年の合間
空気が凪ぐ。

わたしたちみなが
向こうに渡っていけるように。

0 件のコメント:

コメントを投稿