2011年12月28日水曜日

----






心は世界に映ると
この季節になるたび実感します。

クリスマスから年始にかけて
世界中で感謝や祈りが捧げられるから
空気が遠く綺麗になる。



今年はすごく長かったなと思います。

それでも
今日を今日をと生活していると
やがて大晦日がくるんだなとわかって、

スタッカート
レガート
なんでも
一音一音響かせること。


手、三つ分のことができることは
すごいけれど、
すごくないことにみえる
二つを動かすことを
し続けることで
現実に魔法を織り込むことと
そこに宿る美しさのもつ強度について





この一年で
自分にもたらされたものは

以前から
ふわっと思い浮かんでいたことへの確信という感じがします。





今年も
たくさん、ありがとうございました。

本当に多くの優しさが
あたりまえのように
照らしてくれたので

その中でわたしもわたしのなかの優しいを
見つけて
そう在れました。


気まぐれと意地悪に関しては
来年もついてきそうで、
旅支度しているのが見えます。
ふたりでケラケラ楽しそうに、
年末年始のテレビ特番をチェックしています。

少しずつ精進して
彼らとも穏やかにやっていこうと思います。




ヨチさんの土人会のはじめに
朗読したマザーテレサのことばの内容を
しばしば、思い出します。



わたしは
わたしの心のありかたに気をつけます。

それは言葉になり
行いに宿り
世界に響くからです。

意識していても
していなくても

ただあるだけで
わたしたちのひとつひとつが
音楽だからです。


わたしはわたしの奏でる音について
責任があります。


わたしはわたしを
ととのえます。





みなさまにあたたかなはじまりがありますように。


ありがとう

0 件のコメント:

コメントを投稿