2012年1月30日月曜日

右耳に朝日


静かに渡っている風は
夜からずっと吹いていたようで

国道を挟んだ横断歩道の先で
笹が揺れている。

延長戦
疲れた応援団みたいに。



さっきまで重たかった
背中の痛みがとれている。


あごを引いて
胸を開くと
息が深くなる。

『鎖骨に光が当たる感じ!』

肩を下におとして
首を長くする。



からだをととのえる
こきゅうをととのえる

みだれがちなこころもととのえよう



あのとき涙がでたのは
『わたしたちを許してくれてありがとう』って
彼女が祈ってくれたからかもしれない

0 件のコメント:

コメントを投稿