2012年1月24日火曜日

ニューバランス




雨の中帰宅してしばらくしたら窓の外、雨粒の音に重みがでる。
窓を開けたら雪が降っていた。
 
あのひとも、あのひとも、暖かくしているといいなと思う。
 
ニュース速報が大きな地震を伝えている。
 
せめて顔だけ洗おう、と思ったけれどそのまま眠ってしまう。
 
いい夢を見たんだって、あの子は朝笑っていたっけ。
 
人と出会って話をすると
みんな自分の人生が大切だからちゃんと悩む。
人を傷つけたくなくて大切にしたいから迷う。
わかってくれる人を探してる。
それが伝わってくる。
 
生きることひとつ、誰かに見つけられるような生き方でなくとも
切実で真剣でいとおしいと思う。
真剣さにやさしい天の露おちろ、どれにも。どれにもって思う。
 
ひとつひとつの屋根に
雪がぼたぼた降って積もってく。
 
 

それでもいつだって
進むきっかけは勇気で
ぎゅって握ってる手をぱっと離さなくてはいけない。
 
 
そのままのわたしをわかってくれる人を探すよりも
どの人でも愛せる自分になるほうがはやい。
 
目が覚めたら晴天で
雪はとけはじめていた。




0 件のコメント:

コメントを投稿