2012年8月14日火曜日

天の川通り

ガレージに出て
ゆるやかに傾きはじめた午後の光の中で
プランターの緑を覗きこむ
母子の姿が綺麗だった。



解体されていく夏の日

サルスベリの花びらが土に散っている。




一年前の日記帳がでてきた。

今までに得たものを持っていこうとするから、
進めない。
新しい場所へ行くということは
今までに得たすべてを
置いていくこと。


ということが書かれていて

あ、そうだな

と思った。

0 件のコメント:

コメントを投稿