2012年9月22日土曜日

金曜日




本棚の整理をした。
久しぶりに古本屋さんへ
本をまとめて持って行った。



午後からヨガを教わる。

お昼の光が気持ちよかった。

あいぽん先生にサポートしてもらって
前屈のときに指先が床についた。

そのあとひとりでした時にもついた。


昔から地上20センチくらいで
指先をぷるぷるさせていた自分の中で
からだが変わったと感じられた瞬間だった。


日曜日に、
愛さん(あいぽんとは、またちがう方。愛という素敵な名前の友人たちがいて嬉しい)に誘っていただいて
通っているヨガでも
素敵な先生に教わっている。
「胸を広げて。鎖骨に光をあてるイメージ!」
先生がよく伝えてくれる言葉は
日常の中でもよく思い出されて
姿勢やからだの使い方に
意識をむけるのを助けてくれる。



祖母のからだや
10年以上難病を抱えている従姉妹のからだに触れると
動かせないから、
動かさないからだが
変形して固まっているのが
よくわかる。


わたしは、傾くからだや
固まるからだも、
すごく、美しいと思う。

たとえば右手でフライパンを振り続けてる
料理人の腕の左右差や

前のめりの作業を経た
農家のおばあさんのまがった背中

こどもを抱きかかえるお母さんの
肩のかたち。



それはその人のかたちだから。


ただ、
動かせなくて
傾いたり固まっていった体を
さすってほどいたり
補ってととのえることもまた、
すごく美しい。



動かさないで固まった体を
ゆっくり見つめてほどいて
動くようにととのえることも
気持ちがいいことだと
すこしずつ、感じられるようになってきた。




昨夜は、
稲荷山のジョンソンカフェへ行った。


オリジナルTシャツを
手に入れました。
すごくかわいい。

たくさん着よう。



Tシャツは本当に
かたちや色やプリントや、
ぜんぶ合わせて
いいなと思える瞬間が奇跡なので
とても嬉しい。



いろんなバリエーションがあったので、ぜひ。

0 件のコメント:

コメントを投稿