2012年10月4日木曜日

とにかく捨ててしまおう。

引き出しのなかには
色々たまっていく。
インクの出なくなったままのペン
貰ったものの減らない美容液
書いたまま出していない手紙



本ももっと少なくしよう。
もっとおばさんになっても
おばあさんになっても
読みたい本だけ。



自分のからだがひとつあればいいように
そういつか思ったんだった。




過去ばかりが
部屋のなかに溢れている。


彼女の赤ちゃんが
でてくる世界だ。


「ここはもう、素晴らしい未来なんだぜ!」


そうなんだぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿