2012年11月17日土曜日

久しぶりに風邪をひいて
一日家で寝たり起きたりしていた。

起きているときには借りてきた映画のDVDを観た。

レンタルビデオ屋には
何本もの映画がある。

様々だけど、
ストーリーにはいくつものパターンはない。

どの映画のなかでも、
正直さ
誠実さ
何かを受け入れること
勇気を持って自分が変わること

によって
混乱はほどけて
物語はひらいていく。

物語の混乱は
ちいさな嘘や
無意味なプライド(自己保身)
から始まる。


多くの映画の中で
多くの主人公が様々なものを失う。
そのときにその人物が
いちばん大切だと思っていたものを
様々なかたちで。

それがなければと
必死で掴んでいたものを手放して
それがなくても
世界が続いてることに気がつく。

物語が動き
新しい風が吹く。

映画の終わりには
新しい景色がある。

その人らしい
景色がある。


ハッピーエンドが好きだ。


ハッピーエンドの鉄則は
手放すこと
素直であること
愛に気づき、感謝すること。

0 件のコメント:

コメントを投稿