2012年11月30日金曜日

夢をみても
目を覚ますといつも忘れてしまう。

今朝はおぼえていた。


緑色の草っぱら
丘 傾斜
石の階段があって

三人で走るみたいに降りていく。

ライブをみたばかりの、このあいだのギタリストがひとりで
もうひとりは小さな女の子だったような気がする。

「合奏しよう、あなたは何やる?」

わたしは
「タンバリン!」
って答えた。

なんだかとても、明るい景色だった。

走りまわって遊んだあとのような感覚があった。



草の色が綺麗だった。
夕焼けなのか
太陽なのか
光が先にあって
草の合間に揺れる黄金。




朝起きて
またわたしがいて、驚く。

まだ続きをくれるんだ、って思う。


曇り空

選挙のポスター

さようなら、ってきれいな言葉だ。

さようなら、

こんにちは。

おはよう。

おやすみなさい。

また明日。

いつかまた。

はじめまして!



12月がくる。

0 件のコメント:

コメントを投稿