2012年11月30日金曜日

夢をみても
目を覚ますといつも忘れてしまう。

今朝はおぼえていた。


緑色の草っぱら
丘 傾斜
石の階段があって

三人で走るみたいに降りていく。

ライブをみたばかりの、このあいだのギタリストがひとりで
もうひとりは小さな女の子だったような気がする。

「合奏しよう、あなたは何やる?」

わたしは
「タンバリン!」
って答えた。

なんだかとても、明るい景色だった。

走りまわって遊んだあとのような感覚があった。



草の色が綺麗だった。
夕焼けなのか
太陽なのか
光が先にあって
草の合間に揺れる黄金。




朝起きて
またわたしがいて、驚く。

まだ続きをくれるんだ、って思う。


曇り空

選挙のポスター

さようなら、ってきれいな言葉だ。

さようなら、

こんにちは。

おはよう。

おやすみなさい。

また明日。

いつかまた。

はじめまして!



12月がくる。

2012年11月28日水曜日

月のまわりに
虹の輪ができている。

屋上にのぼって
すこし空や街を見渡してみた。


ひとり、ひとり
ひとつ、ひとつのたましいが
しずかに
つよく
やさしく
光っているように
守られているように




あのとき
あのこのことばに
傷ついた

自分がきらいってことばに。



癒されますように
かなしい心が

許せますように
怒りの奥に隠れてる感情



祈りには、ちからがあると信じてる。

だからクリスマスや
大晦日に
あんなに世界が綺麗になるんだ。


祈る。
心の中に平和をつくる。

月のまわりに
虹の輪がある。

2012年11月27日火曜日

夜勤明けに夜勤から日勤と続いて
昨夜、仕事を終えたとき、疲れた。と思った。


そういうことは、あまりないことだったから
あ、いけない。と思った。
何か間違えてる、と。



何を思っているのか
何を欲しているのか
体調はどうなのか
想像するから
相手の命のリズムに巻かれやすいのだけど

巻かれてしまえば疲れるんだと思った。
自分で引き受けたことなのに、
心にちいさな不満も見つけてしまう。


身体的な疲労はある程度気持ちで乗り越えられる。
でも心が疲れるとどんなに保とうとしても、
細部から雑になり
相手も疲れるし、悪循環。

自分を保てないで、
ケアなんてできないんだと痛感した。


あなたはあなたで
わたしはわたしで

どんなに近づいても

わたしがわたしのリズムを投げてしまうと
介助者じゃなくなってしまうし、
他人のリズムで踊り続けることはできない。

ハーモニーを見つけるのが
きっとよい方法で

相手になることや
自分に寄せることは
どこかでひづみを生む。



なんでも、
心から、する。
ということが多分大切で
その心って
自分自身のたましいから、
ってことなのだと思う。

相手を思い遣ることと
相手の心から、自分の手を動かす。
ということは
違うんだと思った。

それは、一見優しいけど、
怒りや疲弊を隠している。


誰も、たましいを
誰かに貸すことはできないし
誰かから、借りることもできない。


自分のリズム
自分のたましい

相手のリズム
相手のたましい


「合奏はたのしい」なんだ。

2012年11月24日土曜日

いろんなことを考える。


ここのところは、
すごかった。

なんだか色んなところへ
足を運んだ。

それは前から入っていた予定がほとんどで
突発的なものはほぼなかったのだけど

予定を入れているときは
いまの自分の気持ちとか
状況を知らなかったから

なんだか
寝起きに冷たい水を
ぱしゃっぱしゃっと
投げかけられるような

それでいてふいに
思いがけないあたたかなものでくるまれるような

そんなことが
続いている。



いろいろなこと
人や、状況や、
いろいろなことが浮かんできては
考えるのだけれど

目の前のことに
ちゃんと反応しようと
決めたから

考えが追いつかなくても
世界を浴びている。



「やさしくなりたいって誰の歌だっけ?」
と、勤務中に聞いたら
「ミタだよ、ミタ。斉藤和義」
と教えてくれた。


自分のことばかり
ずっと考えていたんだなと思った。


不安に駆られてるときって、そうなんだ。



そんなことはもう終わりにしようって思った。

前にも思ったのだけど、
また思った。

2012年11月21日水曜日

文化祭をやりたい。

----


これはアイデアなのだけど、
公表すればかたちになりやすいと思うからメモします。

わたしは、
新しい知識
新しい環境
新しい生き方
が必要だと思うのだけど
(おのおの、実践されているだろうけど)

街づくりのこと
子育てのこと
高齢化のこと
障害のこと
自然療法のこと
食のこと
からだのかと

ぜんぶ、
それぞれの専門家が
同じような解決方法を求めています。

それで、
わたしはどこも専門じゃないのだけど、
ラッキーなことに
友人たちが
おのおののスペシャリストです。


それで、
知識の共有、
知識に実践が伴った知恵までの変換、
サムシング、ニューを浮き上がらせる。

なにかこう、
できないかな。
こういうこと。

ひろびろ。
たのしく。

2012年11月18日日曜日

たった一週間のことだけど、
すごくいろんなことがあった気がする。

世界はつづくのだろうか
来年も再来年もあるのだろうか

わからないことばかりで
わからないが不安になって
苦しくなった。

でも
わかってたことなんて
今まであったかと振り返れば
いつもわからないままだったと気がつく。


わからないはこわくない。

あたりまえだから。



わからないと思ってるとき
心は未来へ飛んでいる。

未来は未定。
わからない。

あたりまえ。


今どこにいるか
目を覚まして
感じてみる。

2012年11月17日土曜日

久しぶりに風邪をひいて
一日家で寝たり起きたりしていた。

起きているときには借りてきた映画のDVDを観た。

レンタルビデオ屋には
何本もの映画がある。

様々だけど、
ストーリーにはいくつものパターンはない。

どの映画のなかでも、
正直さ
誠実さ
何かを受け入れること
勇気を持って自分が変わること

によって
混乱はほどけて
物語はひらいていく。

物語の混乱は
ちいさな嘘や
無意味なプライド(自己保身)
から始まる。


多くの映画の中で
多くの主人公が様々なものを失う。
そのときにその人物が
いちばん大切だと思っていたものを
様々なかたちで。

それがなければと
必死で掴んでいたものを手放して
それがなくても
世界が続いてることに気がつく。

物語が動き
新しい風が吹く。

映画の終わりには
新しい景色がある。

その人らしい
景色がある。


ハッピーエンドが好きだ。


ハッピーエンドの鉄則は
手放すこと
素直であること
愛に気づき、感謝すること。

2012年11月16日金曜日

「わたしは自分が嫌い。でもあなたが好きでいてくれるなら、そう思うのをやめるね。そう思ってもいい?」

思ってもいいよ!
あなたが好きだよ!

と思った。


わたしの心と、よく似ている。
うじうじ、ぐるぐる、
考え続けてしまう。
あのとき、あれで、よかったのだろうか。
思いやりが、足りなかったのではないか。
自分のことばかりに、
またなってしまった。
うじうじ。


わたしがもうすこし強ければ
あのひとの力に
なれたのではないか…


だけど、ちがうのかと思った。

その人の弱さは
その人自身の責任。

わたしの弱さは
わたし自身の責任。


誰かの力になるということは
弱さに手をあてることではなくて

その人自身に力があることを
確信していること。

その人のあたたかさや
精神の強さを
好きでいること
信頼していること

そのように思えた。

2012年11月15日木曜日

わたしの気持ちの弱さは
わたし自身の問題。
そう思うと、
すごく楽になる。

2012年11月2日金曜日

11月のはじまり。
風邪ひきのそばにいる。

帰り道は月がきれい。

お母さんが手をつないでる小さな娘さんに
「今夜は月がきれい。見えるかな」
と言った。

駅をでてすぐ
連れあったひとたちのひとりが
「ほら、月」と指さして過ぎていった。

振り向くと白い月。



一緒に見たくなる。
見てるかな、と思う。

いいな、月や星や
どの人の心にも
美しく映るものはと思う。



自分は元気だけど、
風邪予防にマスクをかけはじめた。

マスクをかけると目しか出なくて
少しだけ心が黙り込む。


介助の仕事中
ふとんを利用者の肩までふわりとかける。
かけおわると無意識にいつも、ぽん、と手のひらで軽くふとんの上をたたく。

ふとんの中の利用者と
マスクからでた私の目が合う。



視点が逆転する。


へろへろになって病院のベッドで眠るとき
看護師さんの、マスクにほとんど覆われた顔の中、ふたつの濡れた目。
見たときに、ほっとした。


もう大丈夫なんだ、って思った。



ベッドの中からの視点を、思い出す。

自分がいつか(いまも)憧れたもの。





心が惹かれるものに、
ひとは呼ばれて
いつかそうなっていくのなら

あのとき自分のなかで

気づかないくらいしずかに
でも深い深いところで強く
惹かれて憧れたようなもの

いまの自分にとっては
どんなものなのかなと思う。

2012年11月1日木曜日

11月はあたらしい国。

空気が澄んで、きっといろいろよくなる。と思った。


もうだいぶ、上々だ。

言葉は世界をつくるから、
もしも働きかけないのなら、
ただ悪く言うだけのようなことは、やめ。そう思う。


自分の気持ちと、判断力。
思いやり。
見通す、見渡す。


なにより体を動かすこと。



自分自身に対するメモ。



パソコン画面の中のあいぽんに導かれてヨガ。





心の中は無限。
溺れてしまわないように。

腕を伸ばす
背筋を伸ばす。
力を抜く。
力強く踏ん張る。


うまくいかないときはチャンス。
周りを見渡すことができるし、
気づいてほしいって何かが、とても近くで呼びかけている。