2013年2月19日火曜日

眠たくなる水に、とっぷりと頭を浸しているように
とーん、とおもたい眠気に
包まれています。
甘い香りがすると思ったら
梅がほころんでいる。

かなしい、と思います。

かなしい、と辞書でひくと
『悲しい』
とあてられた横に
『愛しい(かなしい)』
とあって

しみじみと 愛しい感じがする

と、説明を見つけられます。

それを見たとき

明るいものに触れたとき
じわっとかなしいと思うことの
わけを教わった気がして
うれしかった。


春はとても、かなしい。
いのちの芽吹きに包まれて。

そしてとても、眠たいです。



二月に入ってから
人と会う予定がお休みの日に
ぞくぞくと、入っていきます。
今月は、人と会う月です。



夏に、
狭山のcafe leuteが閉店する
数日間
お店へ来た方へと
フリーペーパー、小さな山を作りました。


そこで、
わたしは身近にいる大切な友人たちについて
文章を書かせてもらった。


人をみるということが、
自分の本当にしたいことなのかもしれないなと
最近、感じています。


ほんとうに
すてきな、たましいに
出会っていて

いろんなこと
ご報告もかねて
書きたいです。


しかし
ほんとうに眠たくて
もうすこしこの眠気が、落ち着いたら。

0 件のコメント:

コメントを投稿