2013年3月30日土曜日

namioto展をします。

吉祥寺にある、にじ画廊で
4月4日から9日まで
namioto の三人で展示をします。

いま、準備も最終段階をむかえて、いよいよ来週には始まっているのだと思うと、
不思議な気持ちになります。

夢中で手元をうごかして、
顔をあげたらふわっと風景が変わっていたような
そんな気持ちなのです。


namiotoは、大学時代に出会ったnao,mio,naomiの三人による活動です。

わたしたちは日々の中から伝えたいことや共有したいものをみつけて、
かたち(や、動き)にしています。

にじ画廊は
とてもすてきなお店で、
わたしたちはここでできることを大切に思っています。

作品をひとへ繋げていくひとつひとつに
やわらかく、誠実なひとたちのいる、お店です。

吉祥寺の街の中、
東急の大きな木のちかく。

にじ画廊へむかうとき、
いつもこの木を見上げます。

店内は一階に作家の作品、わくわくとする雑貨がならびます。

階段をのぼって二階へあがると、そこがギャラリーになっていて、
毎週あたらしい展示が開催されています。
namiotoの展示もここで開かれます。


ぜひ、いらしてください。






準備をすすめるのに、
三人での話し合いや作業が主ですが

DMを置いてくれるお店のご厚意や

木材を切り出してくれたホームセンターの店員さんや

作業場所を快く提供してくれた友人たち

いろんなひとたちから
手を貸してもらって
出来上がっていきます。

下見のたびに
にじ画廊のスタッフの方々もあたたかく迎えてくださりました。

ひとりひとりの気持ちが
すごく、そのたびうれしくてありがたくて、

みにきてくれた人たちにその過程までほんとうは
一緒に感じてほしいくらい!なのです。


昨年、ロイテでの展示のときにも
搬入の前にお店にいたSぽんが
当たり前みたいに手伝ってくれて、
一緒に作品を店内へ運んでくれて

namioto = nao + mio + naomi
ではなく

わたしたちは
namioto � nao + mio + naomi
と、表記しています。

その表記の意味が
展示のたびに深まっていくような
そんな気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿