2013年6月14日金曜日

応援するのが楽しかった野球観戦。


すごいものをみた。




みんなそれぞれに生きてる様が
ほんとうにきれいだ。


わたしはなんだか
そのきれいさの正面に
どんと向き合い立てない気がする。




稲荷山公園を
降りていく木道脇に
紫陽花が植えられた。


こどもみたいにまだ小さな
紫陽花の房





「共感できるから尊いのではなくて
ただ、そこにその人がいる、そのことが、尊いんだって、わかった」


口からでてた言葉


背景を電車が流れる






ピッチャーに大舞台を与える観衆

マウンドの上、ひとり


より、生きたい
その思いひとつに

いつも引っ張られている。

0 件のコメント:

コメントを投稿