2013年7月29日月曜日

ひえとりについて、すこし。


きのうのイベントは、
からだの冷えをとる、冷えとりのお話会を中心に
あたためる、から繋がる、すてきなものが並んだ
ほがらかな顔ぶれの集った、
そんなやわらかな時間でした。

冷えとり、murmur magazineという雑誌をきっかけに
ひろがっていると感じています。
わたしも、この雑誌をとおして知りました。
そして周りでひとりふたりとはじめた人たちが、
なんだかとても楽しそうに快適そうにしているのを見て
はじめてみることにしました。
そのひとりは、お話会をひらいてくれた、yokoさん。






冷えとりについて、すこし。
わたしの知っていることを。







多くの人のからだは、上半身と下半身に温度差があり
温度差があることで血の巡りがわるくなり、
それをきっかけに心身に不調を抱えている場合も
少なくないそうです。

冷えとりは、
特に足下をあたため、
下半身の体温をあげることで
上半身との温度差を埋め、
血の巡りを改善していく健康法です。

体温が一定になり血の巡りがよくなることで
心身の不調が改善されたり
より心地よく生活できるようになると考えられています。

下半身をあたためる方法として、半身浴を基本としていて
お風呂に浸かっていないふだんの生活では
自然素材の靴下を重ね履きすることをすすめています。

詳しくは、
進藤義晴先生の本にとてもわかりやすく書かれています。
『新版-万病を治す冷えとり健康法』(農文協)
murmur magazineからも、別冊の特集号がでています。
http://murmurmagazine.com/about/bs_contents01.html








かならず必要なものでは決してなく
手段のひとつだと感じています。

そしてちょっと、気持ちがいいものです。



わたしは、昨年末からはじめて
夏に入ってからは素足で過ごすこともあるし、
靴下の枚数も少なくしたりと
自分が無理なくできるかたちで続けています。

ひとによって様々だと思いますが
まず、100%絹の靴下を履いた心地よさを知りました。

それから、足下があたたまると
体は安心するみたいです。
体が安心すると、漠然とした不安感が薄らいでいきました。

不安感が解消されていくと
ひらめきに素直になれたり
おおらかになれたりという変化がありました。

足もむくまなくなったし、
いろんなよいことがありました。

それで今もつづけているし、
興味のあるひとにはすすめたくなってしまう。

「冷えとりが楽しい」ってどういうこと?
と思っていたのだけれど
実際楽しいのです。







0 件のコメント:

コメントを投稿