2013年8月9日金曜日

朝おきたときに聞こえてた音のはなし/意図せず鳴る音楽とそこに感じる必然性/意識は幾層にも重なっていて、ときどき奥の層から表層にサポートが入る/それはつまり根源的に、生きろといってる力があるのではないかという仮定/また、どうしようもないというのはある一層の思い込みに過ぎず、多方向から自由に考えること。

 
朝、目が覚めたらチャットモンチーの
『シャングリラ』があたまに流れている。

昨日も起きたときにあたまに音楽が流れていた。
メモをとったつもりが残っていなかった。
わりと唐突な音楽で、
ふだん聞いてるものでもない。

八方塞がりだ、どうしようもないと
以前思い行き詰まりを感じていたとき
ふと
レリビーレリビー
とThe BeatlesのLet it beが流れて
すごいな、と思ったことがある。




0 件のコメント:

コメントを投稿