2013年11月10日日曜日

おしらせ2つ。2つめ。

11/30、12/1 

初台のSunday Bake Shopさんで
cafe leuteとSunday Bake Shopの企画、
クリスマスマルクトが開かれます。



当日は、Sunday Bake Shopのおいしいお菓子はもちろん
狭山にお店を持っていたcafe leuteと縁のあるお店から
シュトーレンや野菜なども届きます。



わたしも
田中奈緒ちゃんとauroraとして参加します。



auroraっていうのは
ひとりの人がいて、その人の鳴らした音を
その響きのまま、誰かの耳に届ける

っていうことをやりたいねとふたりが話したところから

こつこつ続けている活動です。



今回は、
その主軸からすこし離れるのだけど
以前、
auroraがシルクスクリーンで作品づくりをしたのをみた
cafe leuteから、
auroraがテキスタイルデザインをして
その布をつかって
s-clothes-treeさんに
バッグを制作してもらえないかという
コラボレーションの提案があって
わたしたち、
挑戦してみました!




先日

s-clothes-treeさんのアトリエで
奈緒ちゃんとふたり、
せっせとプリントしてきました。


これから
s-clothes-treeさんが
風呂敷バッグを制作してくれ
マルクトの2日間で
販売させてもらう予定でいます。



プリントの色は
s-clothes-treeのキノシタさんと
わたしたちと
3人で各布に合わせて決めました。



楽しかった。



これから立体になったとき
プリントがどんな風に
かたちになるのか
とても楽しみです!


作業は
s-clothes-treeさんにバトンタッチ。










版をつくるときに

どんな柄がいいかなぁと
ふたりで話し合いました。

奈緒ちゃんが、
枝がいいなぁと直感的に言いました。

s-clothes-treeは
キノシタサオリさんのブランドです。


木の下にあるもの…

近くの公園を歩くと
木の下にはいつも、冬でも夏でも折れた小枝が落ちています。

わたしはよくそれを拾う。
枝のかたちというのは綺麗だなと思います。

そのとき、
いのちがどこへ向かって流れていたのか
その軌跡があるようで。


木の下にあるもの

土の上に落ちているもの

それから見えないけど、
その土の中にあるもの




筑摩書房からでている
西村佳哲さんの『かかわり方のまなび方』という本の中で
土壌シードバンクということを知りました。


土のなかにはいつでも
何らかの種が埋まってる


いいなぁと思った。


そんなこと話したら、


奈緒ちゃんからは
グラスルーツってことばがでてきた。


最近、
ミランダ・ジュライの
インタビュー記事を読んでいたら




短編映画をつくってるときに、
いいねって言ってくれた人たちがいる。

冴えないときも、
見ててくれた人が力になって、
長編映画をとれたと思う。グラスルーツ的に、
そういう人たちと出会っていくこと



ということ言ってて

グラスルーツっていいなって思った。

そういう風に
じぶん(たち)も人と出会っている

草の根
地道なこと
草の根、いいねぇ


そんな話をしてくれて

木の下だ!
土だ!


枝はいいねぇとぐるりとして


木の下に落ちてる枝のかたち
(はたまた、木の根のかたちなのか)
をデザインしてプリントしました。


けっこう、かわいいです。



ぜひ楽しみに
お手にとっていただけたら
嬉しいです。

http://cafeleute.blogspot.jp

http://sundaybakeshop.com

0 件のコメント:

コメントを投稿