2013年11月9日土曜日

おしらせ2つ。1つめ

秋のおわりのおしらせ、2つあります。
1つめです。

11/30
茨城県結城市にある、武勇酒造さんで
冷えとり、からみた、からだをあたためること
シェアしたいという思いから、ひとつの企画をたてています。

詳細、お申し込みは古河にあるゆずりはさんのHPから。
http://kondomina.exblog.jp/20920526/



このイベントは、結い市のときにご縁ができた武勇酒造さんの
酒造りへの思いや、からだについてのかんがえ、
造ったお酒が人をほっとゆるめたり、あたたかい瞬間の傍らにあるように
という思いを聞きながら、生まれていきました。

当日は、
武勇さんがふだん、お酒の仕込みにつかっているお水をあたため
足浴していただくところからはじまります。

武勇さんのご厚意で
ノンアルコールの甘酒も、このときにふるまっていただくこととなりました。
(武勇さんの甘酒、とってもおいしいです。
 ただ、どうしても甘酒が苦手な方はご遠慮なくお申し出ください)

そして、そのあいだ、武勇の保坂専務さんから、
お水のこと、お水とからだのこと、お話聞かせていただきます。
(保坂さんのおはなし、とってもおもしろいのです!
 好奇心がかろやかにはねていくような感じで、それでいて腑に落ちる。
 足浴は店舗の奥、蔵の前でおこなう予定です。
 酒造りに入っている蔵の気配も美しく、体感していただきたいです)



そして、
これは参加費の中にお持ち帰りいただくものとして
含ませていただいているのですが

足浴からあがったあとには、
進藤義晴さんが提唱された冷えとり健康法に基づき
4枚の靴下を重ね履きしていただきます。

はじめての方は4枚!とびっくりされると思いますが
天然素材の靴下はそれぞれ薄手で軽く、ふわっと足元をあたためるような温かさです。
ぜひ体感していただきたいなぁと思い、
メニューに含ませていただきました。



靴下を履いたら
武勇さんの母屋へ移動し
そこから、冷えとりについてのお話会があります。

お話をしてくれるのは
折原陽子さん。簡単なハウツーと
それからご自身の体験談をもとに、自分らしく生きるツールとして
どう取り入れているかお話くださいます。

陽子さんは、お洋服や空間のスタイリングのお仕事を手がけていらっしゃいます。

冷えとりをはじめて、
靴下を重ねながらの服の着こなしについての質問なども
直接していただける機会なので
ぜひたのしみに、質問もって、来ていただけたらなぁと思っています。


お話が終わったら
からだによいスイーツでお茶の時間を予定しています。

ほろっとしながら、
体験談や悩みをシェアしたり
提案しあったり、

参加していただいたみなさんに和やいだ時間を過ごしていただけたらなぁと
思っています。


冷えとりについては
進藤義晴先生の提唱されている方法を
ベースにおはなしします。

ぜんぜんしらない、という方も
興味のある方、はじめている方
それぞれに楽しんでいただける会にしようと思っています。



からだをあたためること
どんなふうに生きたら心地よいかさがしているひと

なんとなく分かち合うことで
お互いのなかにヒントを見つけられる時間になればなぁと思います。




わたしは日本酒が苦手と思っていたのですが
武勇さんのお酒、とってもおいしくて
わたしみたいに、すこし飲みたいなぁと思う方にも
300ml(清酒550円)などちいさなボトルのご用意もあります。
当日はお酒も、お買い求めいただくこともできるので
ぜひこのお味も、知るきっかけになったらなぁと思っています。


からだを冷やすといわれているアルコールですが

ゆっくり時間をかけて発酵をすすめた日本酒は
あたためる効果をもっているそう。


おためしください。









茨城!というと遠いイメージがあるかと思います。
けど、新宿や大宮からうまく直通電車に乗れれば手軽におこしいただけるので
ぜひ結城の町にも
降りていただきたいなぁと

なんだか願いごとばかりな企画になっているのですが

それだけ
おすすめのぎゅっとつまった企画です。

気になったかた、ぜひおでかけください。



もういちど、詳細は

http://kondomina.exblog.jp/20920526/

参加費:3500円
(冷えとり靴下セットと、甘酒、お茶とお菓子代込み)

リンク先にもありますが
お申し込み先

ゆずりはさん
090-9854-6233
yuzuriha.yori☆gmail.com (☆を@にかえて、ご送信ください)
または
古河 ゆずりは 店頭にて お受けしています。

お申し込みの際は
お名前、人数、お電話番号をお知らせください。

また、お車でお越しいただく方には、
お申し込みの際、お申し出いただくように
お願いしております。


よろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿