2014年1月24日金曜日

memo




「生きていく覚悟を持つっていうことですよ」
とテレビのなかで学者が言った。

「逆にききたいですね。
どういうときに、あきらめることがあるんですか?」
 
 


物語を読み進める、覚悟があるか
名前をつける、覚悟があるか


じぶんが問われている




そもそも生まれちゃったんだから生きる以外の方法がない

朝がくると
また来たんだ。人生て割と長いなと思ったり
いまなんでこんな景色をみているんだろう。はやおくりもできないし
意味わからず始まってるのに、やるしかないって
なんてことなんだろうなと思うけど
とにかく生まれ落ちてきちゃったのだから
生をすすめていく以外の方法がない

覚悟を持つこと

守るものなんて本当は何も持っていない
あるとすれば、自分の心

でも大事に大事に抱えていると
結局くさっていくから

守ることは、心を生かして動いていくこと



 

夢と現実がほんとうはどう違うのか
いまだにわからない

時間の仕組みもいまだ謎

わからなすぎるのに、生きなくてはいけないし
わからなすぎるのに、生きられている
すごい仕組み
 
 
 
世界を救ったことがあるひとがすき。



世界を救ったことがあるひとっていうのは
自分自身をすくいだした経験のあるひとということ。

生きていくって、どこかで決めたことのあるひと
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿