2014年3月16日日曜日

合奏



テレビのコマーシャルで流れているのをきくたびに、
いい曲だなぁと思っていた
All My Lifeという曲を昨夜ダウンロードして
ずっと聴いている。

音が重なるのは気持ちがいいな。
春の夜は遠くの音が、近く聞こえる。
 
 
 
さっき、よしもとばななさんのHPで
彼女の12月の日記を、読み返していたところ。

http://www.yoshimotobanana.com/diary/








チューリップの花びらがひらいてきた。
 
 
 
本当に決意すると
そのことについて、もう話さなくなるんだと
いま思っている。




少し前にTuuliのしゅんすけくんが

お店の窓辺を全部ミモザにしようと決めた
という話をしてくれた。


そうしようかな、じゃなくて
そうすると決めた話をしてくれた。






ひとと交わすことば
出会ったひとの笑顔
触れた空気、かぜ

いろんなものが
現在のじぶんの根底で
おおきくちいさく
響きつづけて

合奏となって
じぶんの命を動かしている。


その音楽のなかに、
しゅんすけくんがしてくれたその話も
ずっとあって、

今また、メロディラインにのぼってきた。





大阪にいこうと思うって
ほとんど決意に近かったけど
みんなに話していた秋

いく、って言いきれなかったから
あんなに口に、出していた自分がいたんだろうか。




その時は、そんなふうに思っていなかったから違うのかもしれない。
いく以外の未来が感じられなかったのも事実だ。

でも
「いこうと思う」から「いく」には、ならなかった。







ヘルパーの学校へ願書申込をするときは、誰にも言わなかった。

福祉の現場で働いている兄からは
「尚美みたいなやつには絶対にできない」と言われ続けていたし

自分の気持ちでしか動けない私が
「ひとさまのため」に働けるなんて家族は信じていなかった。

自分でもなんで関心があるのかわからないままだったけれど
すると決めていたから
誰にも何も言われたくなくて
黙って申し込んでいた。





ほんとうに決めると
もうそうするだけだから

誰にも何も、言われたくなくて
わたしは黙るんだ。

と思った。





またひとつ、黙ったことがあるって
さっき気がついた。





昨日の夜はよく眠れた。

昼間、お日様を浴びて、からだをぐーっと
のばしたからかもしれない。

いくつか夢をみたのだけど
ぜんぶ今は忘れてしまった。


なんだか充実した時間を過ごして目覚めた気がする。




大学時代からの大切な先輩が
関わった仕事をおしえてくれた。

http://wego-campaign.jp/20th/?brandbanner


バナナのポスターを、わたしは多分みている。



他にも
テレビをみていて、ふと流れたCMで心に残っていたもの

「最近あれをつくった」と教わったとき
やっぱり。と思う。





眠らないで、
おもしろいものを作ろうとしつづけている人。


おもしろいものを作ろうとするのは
そこに触れたひとの命のひかりが、あらわれるように。
 
 
 
 
 
 
 
どうしていつまでも
「こういうことがしてみたい」とか
「どうしたらこれをかたちにできるだろう」とか
そういうことを、思い続けてしまうんだろうか。


目の前にある仕事の、つづきを探そうとしているんだろう。




わからないけれど

これでいい、ということがないくらい

世界はみずみずしくて





命生き生きと、いききってよし。
 
 
 













0 件のコメント:

コメントを投稿