2014年3月24日月曜日

ふと、むなしさにつかまってしまった。

多分からだが疲れているだけなのだけど

むなしくなって
こころが、小さくなる。




自分なんて、いてもいなくてもという気持ちが
やってくる。




歩いていたら
丁寧に手入れされた庭に
クリスマスローズが植わっていて

植えたひとの手先の慎ましさがみえるような佇まいで

そばに黄色い水仙も
ちょうど綺麗な満開のときにあって

すこし命が
蘇ったような感じがした。


風がふいて
それはもう冷たくなくて

背中をたぷんとおしてくる風




木々の葉が西日を浴びて
チラチラと光っている。


すこしむなしさが、
ほどけている。


胸がひらきつつあるのを感じる。


自分の生命が
なにに救われているか
おぼえていたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿