2014年3月6日木曜日

2/20 - 3/4



2週間の展示が終わりました。

布と真綿と、ことばと、光とで作った空間は
あっという間にたたまれました。



家の近くの公園に
うそみたいに落ちてた大きな枝は
にじ画廊さんが使ってみたいと
ひきとってくれました。



そういうことか、と思ったんです。







展示に、きてくださったかた
おこころ、よせてくださったかた
本当に、ありがとうございました。


「ことばが、眠っていくようなかんじだったのかと思います」
展示を終えていくことにあてて
友人が送ってくれた、メールのことば


友人のいのちのはたらき
彼女の呼吸の、風景




わたしに起こった風景のなか

ことばは、ハレーションおこすように
ひかりになって
消えました。

消えた先で、ちいさな風がおこって
ことばは世界にかえり
風が世界をおこしました。





そういう景色が

みえるような
感じがしました。







0 件のコメント:

コメントを投稿