2014年3月10日月曜日

 
ほんとうは、
自分でヨガを取り入れて行くようになりたいのだけれど
いまのわたしには
お金を払って、時間をもうけることと
おしえてくれるひとがいることで
始めることができる。


週に1、2度
教室と友人のところに通っていたけれど
半年くらいぱたりと、行っていなくて
そのあいだに、よちさんのヨガへ行ったのが1度。

わたしはからだと
ずいぶん離れていたように感じる。


12月、久しぶりに身体介助の仕事をしたとき
じぶんのからだがどう動いているのかわからずにとまどった。
からだと話せていないから、
指示をもらっても
からだの動かし方がわからなかった。
 
 
 
ここにきてすこしずつ、仕事のリズムがとれはじめて
近所にできたヨガスタジオに
体験レッスンに行ってきた。
 
 
足の横に手のひらおいたとき
「爪がのびてる」と思った。

足の爪先をみることなく
ぱっぱとからだを洗って
ざばっとあがって眠ったり

ほんとうに、自分のからだを
ぜんぜん見てあげていなかったんだと気がつく。
 
 
 
 
 
レッスンを終えて、家に帰って
すぐに足の爪を切りそろえた。




翌日、
前日の体験レッスンで動かしたからだが
軸を思い出しているのがわかった。

からだの可動域がすこし広がっていて
意識とからだが呼応しているのがわかる。


いちど繋がっていた回路は
刺激するとまたひらいてくれるんだと感じた。




先日
いつもぼんやりしていた
身体介助のある場面で
ポイントがきちんとわかってスムーズにいったのを感じた。



介助がむずかしい、と思っていたけれど
わたしがまず、自分のからだと通じていなかったんだと思った。

皮膚の感覚もきっと閉じていたし

からだの外側と内側の連携も曖昧になっていただろう。
 
 
 
 
からだをきちんと
目覚めさせること


呼吸させ

ゆっくりやすませること





ふかふかと、充実していること。
 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿