2014年4月8日火曜日






笑っていいとも!
が終わってしまった。

特番を録画して
帰ってひとり真夜中に観て涙。


次の日もまた
観返してしまう。



 
 
むなしさ

あのどうしようもなさは

霧が晴れるみたいに
だんだんと薄くなっていった。


正気に戻ると4月。


大学時代の先輩と
戸山公園の桜を見た。


新歓コンパの学生に溢れている高田馬場
 
はしゃいでいる団体の
ひとりの顔にふと視線がとまると
無防備であどけなくて 
湯気たつ肉まんみたいに、やわらかそうな頬をしていて

ひゅんと、せつなくなった。





むなしい気持ちで歩いているとき
いくつか大切にしていたものを捨てた
 
 
寄る辺としていたものが
通じなくなってしまったから
 
 

 
 
 
 
ふと歩いているときに
 
どこか遠くの
知らない国のドアが開いて閉まったこと
思う
 
 
 
 
 
新しい世界がはじまった
 
いまここは、笑っていいとも!のない世界

 
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿