2014年10月3日金曜日







すこし前から、つぼみがたくさんなっていたお茶の木に
花が咲いていた。
 
 
下の方から咲いていくのだなと思った。
地面に近いところから。
まだ小さな花は葉のかげに隠れて
しゃがまないと、見つけられない。
 
くしゅくしゅと縮まってひらききっていない薄い花びら
溢れそうな黄色い花粉
 
みせるために咲くのではなく
いのちをつなげるために、ひらくんだなと思った。







電車のなかで数日前にふと
昨年の秋に友人からもらった言葉を思い出した。
 
 
 
 
(受けとる)というメッセージをもらって

「いいと思えることだけが、ギフトじゃないんだ」とはっとした。
 

ひとつひとつのこと
よろこびをもたらすもの
かなしみにつうじるもの
 
晴れの日だけを生きたいから雨の日はいらないとはいえないように

晴れも雨も
贈られたものを
たんたんと受けとり
生きること。
 
 
ということが
腑に落ちたきのう。 

 
 



0 件のコメント:

コメントを投稿