2014年8月31日日曜日

季節の変わり目

 
 
 
 
なんとなくこころもとなく聞こえる、蝉の声だ。
 
8月31日
学生たちの夏休み最後の日は、日曜日。
雨があがったので、
近所の家で干した布団をたたく音が
響く昼間です。
 
 
わたしは、夏休みの宿題を
9月に入ってもまだやっている人間で


白紙のドリルを抱えた8月31日の
途方に暮れた気持ちと
まだなんとかなると
どこかで思っているあの感覚を
ふと思い出す
 
 

 
今日を最後に閉じてしまう、市営プールへ行ってしまおうか

でもやっていないことが、あまりにもたくさんある
 
 
あのときの気持ち。
 
 
 

 

窓から入ってくる空気は
今日もすこし、つめたい。
  

春のおわりあたりから、
ひとが窓をあけだすと

夕闇のなか
開いた窓から
知らない人の部屋がみえる

テレビの音
壁のポスター

生活の断片
 

ブラインドをおとし忘れたビルの窓のむこうに
働くひとの姿がみえることもある

白いYシャツ

デスクに向かう横顔

鳴り出しそうな電話
 
 

 


会うはずがない誰かの
肌に触れてしまったような
あのときの

ほんのすこし体温が上がる感じのする
奇妙にあかるい
あの、うれしさ。




市営プールがしまって
窓がかたく閉められる季節がくると
 
今度は空が、近くなる。

光がかるくなり、
遠くの音が聞こえる。
 

それからどんどん、気温が下がっていって
冷気にあたった目玉から、涙がでるときに
じぶんが温かい存在だと気がつくような、
そういう季節もくる。
 
 
 
 
金木犀も、もうすぐ香るだろう。
 
すこしまえに、ちいさな蕾をみたのだ。
 
 




夜になると、虫の声がする。


久しぶりに、土手を歩いて帰る。
川は嵩を増して流れている。


滑らかなクリームのように見える雲が
川面にもうつりこみ
波紋がそれをくずしていく。






2014年8月28日木曜日




ほそくあけた窓の隙間から
つめたい風がながれてくる。
 
目が覚めたらそれが顔にあたっていて
この感じの中に
いられるようでありたいなと思った。
 
 
目が覚める
着替える
出かける
働く
帰ってくる
めし、ふろ、ねる
 
 
の背景にある圧倒的に膨大な世界に
さわっていようと思った。






鳥の鳴き声が曇り空の下、ひびいて
耳のなかがちりちりとする。
 
 
 
 
 
おなじ年で、車を持っている人と出会うと
なんだかすごいなぁと思う。
 
車くらいの大きな買い物を
わたしはまだしたことがない。
 
 

だけど
いまの生活のうえでは車をもたなくて、いいから
わたしはそこに力を使わないんだろうと思う。


車を持ったら、車と繋がるエネルギーがいる。

ほかのものもきっとそう。
自分がほしいもの、それをみつけて、出会うこと
関係を築くことに
自分のいのちのかたちが、ひとつの変容をみせる。


変容が容易なもの

すこし、ちからを注ぎ続けなくては変容がキープできないもの

きっと、いろんなものがある。



わたしは今
じぶんのまわりにあるもの
そこと繋がるじぶんのかたちの変容を
信頼している。
 
 
 
これから、またこのいのちのかたちと

繋がりがどう変化していくかわからないけれど

わたしは、ドアがあって開けていくものだといつかまで思っていたけれど
いまなんとなく感じているのは
じぶんがドアだったということ。
 
 


 





2014年8月27日水曜日



ひさしぶりに
夕方頃、1時間くらい眠った。
 
ふと寝入って、そのまま
気持ちよく眠った。



2014年8月25日月曜日

きみとドーナツ





きゅうに、涼しくなった。
息もできないくらいに、暑かったのに。
 
 
終わらないように思える夏も
ふと気づけば空気が冷たくなって
ツクツクボウシの声も聞こえなくなって

光がかわって影がうすくなる。



そういう風に、何度も
永遠みたいな気持ちになるもの
終わりが見えないものにも

なだらかなおわりがきて
それと重なり、あたらしい波がそそがれてくる。




2014年8月23日土曜日

Tシャツ





川口のTanabikeさんでの展示を終え
ゆりヶ丘学園さんがプリントしてくださった
Tシャツが手元に届きました。

写真のような、Tシャツをつくっていただいたのです。
 
100人のTシャツ展

展示は終わりましたが、
オンラインでは今月末まで注文することができます。


1枚、1枚
ゆりヶ丘学園のスタッフの方々が
丁寧にプリントしてくださっています。

注文をしてから、
そのひとの1枚を、プリントしてくれるのですよ。

だから届くまでにすこし時間がかかりますが
なんだかその過程もすてきだなって、感じます。



わたしのつくっていただいたTシャツはこちらです。

写真でわたしが着ているサイズは160です。
 
 
なんだかいいTシャツ、できちゃったなぁーと
思えて

(ゆりヶ丘学園さんとTanabikeさんのおかげです。
それから、原画をデータにするのを手伝ってくれた
fabrica[*]のおかげ。)

いろんなひとに、着てみてほしいなと
あらためて思って、
すこし、宣伝です。



Tシャツは他にも、いろんな方のデザインされたものが
たくさんあります。

よかったらぜひ。


すこし涼しい風

汗をかかなくなってることに
気づくまえに。





2014年8月20日水曜日





ひかりと、風がかわった。
 
ふと気づけば、夜につかっている。
 
 
 
密度の濃いお盆の空気をぬけて
とおくから傾く夕方の透明なひかり
ぬけるとみずいろの夜
 
 
 
 
 

2014年8月14日木曜日

ひかりのながれ

ずっとパソコン画面をみていたのと

お盆の密度の濃い空気感に

すこし、まいってしまう。


とおりのよいこと

に、心をすます。




ちいさな不安や

じぶんの本心ではない価値観や
ものさしで

うすくうすく、
膜が重なり

動き方が
わからなくなることがある。



何かを見つめて
不安や深刻が増すとき


風のとおるところを
光のぬけていくところに

視点をうつしてみる。



星はまわっていて

まわっている星の上にいることを思い出す。


動けない

そう思うときにも

風がふきぬけたら

もうさっきいた場所に

わたしたちはいないのです。

風とおしの、よいこと

更新





土曜日に、友人と一緒に格闘して
HPの更新をしていました。


触るのをためらうような
(わからない)

すこしずつ
すこしずつ

調べ 理解して

触っていきます。

あたまが疲れれば休憩をして
理解が深まれば作業が加速していきます。


くりかえすうちに
(わからない)は
(わかる)になります。


(わかる)になると

そこから広がる、景色があります。

 
 




(わからない)
(できない)

と、諦めそうになるようなものに

すこしずつ、すこしずつ、ちかづいて
ふれて

(わかる)
(できていた)

になっていく経験をして

大切なことを思い出したような、気持ちです。
 
 
 
 
そんなことの気持ちの延長で、
じぶんのHPも更新しました。

いまはとても、シンプルなかたちになっていますが

profile(プロフィール)も
schedule(スケジュール)も
更新しました。


スケジュールには
過去の写真を探してきて、
写真も貼付してあります。


blogは
nikkiとコンテンツの名前をかえました。
 
 
 
ここには、日々感じたこと、みたこと、経験したことで
だれかと、わかちあいたい
と思ったことを書いています。

すごく私的だけれど、だれかのことを心に置いて、
いつも書いています。

「日記」とするのが
いまはしっくりくる感じがありました。
 
 
 
スケジュールをみると、
いろんなことをしてきた自分が浮かび上がります。

詩のリーディングをさせていただいたり
絵を描いてみたり。


「なにをしているひと?」とたずねられると
説明しにくいけれど

わたしは

なにかをするときには、いつも(だれか)がいて
その関わりのなかから
できること
したいことをいつでも
している感じがあって、

ひとつの流れで、繋がっています。



これからもうすこしまた、
HPや、活動名など
新しくしていくかもしれないけれど

ひとまず、いまの自分と
おしらせの状態に、無理のないかたちを
見つけてみました。


ここを読んで、このひと、なにしているひとなんだろう?
と思ってくださった方は
よかったら1度
HPもすこし、みてみてくださると幸いです。




http://chiisanayama.web.fc2.com

2014年8月13日水曜日

夜が明ける前に
目が覚めてしまって、
そのまま起きている。

6時になって、桃をむいた。

7時過ぎに家を出て
電車の中は空いている。

お盆休みに入ったようだ。

電車のなか、
向かいの座席では
人が横になって眠っている。



目を覚ます前に夢をみた。

わたしは派手な黄緑色のTシャツを着て
自転車に乗って家に帰るところだった。


黄緑色の由来は
数日前のカマキリかもしれないと
今思った。


我が家はおふとんをいっぱい、ほしている。

風があって、

シーツがたなびいて

Tシャツの裾も揺れていた。


起きたら窓の外は
深い青で

メールを一通、送信したら
すぐに返事がかえってくる。

起きているのだ。

夜明け前
すこし離れた場所にある、体温。
家の匂い。












スーパーで特売していた桃は
甘みがうすくて、実がしっかりとしていた。

水を飲むみたいに食べる。
 
 
 
 

2014年8月12日火曜日


 
わかる、なんて
言ってほしくないから
 
 
じぶんのなかのふかくにある海
 
 

 
昨日並んだ帰り道
自然にくちから海がすこしこぼれた
 
 
 
 
 
海を海のまま

この水はしょっぱいとか
この水は澄んでるとか、にごってるとか、
言わないひとだと
しってるからだったんだろう。
 
 
 
 
わたしは

かんたんに、ひとの、海を
「わかる」って
いってないだろうか

「この水、塩っからいね」
なんて
いってないだろうか
 
 
 
 
ひらいてくれたそのままを
ただみるみたいな、気持ちでいたい。
 
 

2014年8月11日月曜日



数日前

ふと会いたくなった友人の暮らす場所の沿線で
仕事が終わる日があって
夜の8時に終えたあと
1時間だけでも、会えるかなと思って
連絡をいれてみた。
 
 
 
待ち合わせした駅の前は芝がひかれた広場になっていて
夜空の下、椅子に座って友人を待っていると
芝の上をひとが、縦横無尽に
ゆっくりと
せかせかと
歩き、通り過ぎていく。


夜空の下の緑をみていると
わたしは自由な気持ちになってくる。
 
 
 
「夕方には帰っておいで」

という声から、私は離れて、おとなになったんだ。
という感覚に、なる。
 
 
 
 
 
 
見つめていた方向とは
反対側から友人はやってきて

1時間くらい、コーヒーを飲んで
パンケーキを半分ずつ分けて
ゆっくりと喋った。
 
 
9時前に、お店の人が
ラストオーダーをとりにきて
 
9時をすこし過ぎたところで、席を立った。



駅へむかいながら
広場の芝の上を歩いた。

「靴を履いてても感じるんだね」
と、彼女は言った。
 
 
芝を踏むと、そのやわらかさを感じる。
 
 
 
握手をしたあとそのまま、改札までの数メートル
手を繋いで歩いた。
 
 
 
わたしよりも小さな手。

他者のからだ、は、マジカルだと思う。
 
手を繋ぐとか
抱きしめる、というのは
マジカルだと思う。
 
 
他者のからだの感触に
重みのある体温に
 
どうして心が、ひらくんだろう。



その日
友人のなかに
はじめて感じる気配を見つけた。
 
 
 
芝の上を、縦横無尽に、歩く。
わたしたちもまた、そうして歩いた。



辺りが暗くても
緑が見える。
 
 
風に揺れる枝にみっちりと茂った葉の影や、匂い
芝の柔らかい感触が
 
微かな光量を支えて
わたしたちは、緑を見ることができる。
 
 
 









 
 
 

 

2014年8月10日日曜日




旅の予定が決まり
わたしは
すこし、変わり始めているのを感じている。


息ができないくらいの数日前の暑さを
涼しくなったとたんに、忘れている。
 
キンモクセイの蕾を見つけて
この先の季節を知る。
 
 
 
 

2014年8月9日土曜日

 
気づかぬ間に雨が降って
すこし風が冷たくなった。
 
最近、顔をあげると月が明るい。
すこし渋みのある金色をして空に浮かんでいる。
雲に隠れても、雲を照らし出す光で
その在り処がわかるような。
 
 
 
いつの間にか眠って
いくつか夢をみて目をさます。
 

 
 

2014年8月7日木曜日

今日のできごと



スーパーでアイスひとつ持ってレジに並んでいたら
前に並んでいたおじいさんが
「先にいいよ」
と言ってくれたので
先にレジを通してもらった。

お礼を言ったときにみた、
おじいさんの小さな、やさしい目。




仕事を終えて
電車に乗りこむ。

首のところに、
後ろに立ってる人の
スマホか何かがカサリと当たった気でいたら

目の前に座っていた男性が
会釈をしたあとスッと左腕をのばし、
わたしの肩から
まだ初々しい黄緑色の
小さなカマキリをつかんで

電車のドアからぱっとホームに
放り投げた。


会社員風のそのひとの、
まるい目。



乗り換えた電車で
ドアに寄りかかってスマホの画面をみていたら

隣に立っていたお兄さんが
「ドア開くよ」と
声かけてくれた。

ピンク色の髪の毛した
お兄さんの目はサングラスで見えない。





今日は立秋らしくて
風がつよく、ふいていた。


2014年8月5日火曜日

 
 
ビルに囲まれてる、不忍池で
蓮の花の、大きさを知る。
 
ゆっくりやってくる、夏の夜は綺麗。
風はとっぷりと湿度をふくんで
それでもすこし、涼しかった。
 
ゆたかさはことばに、できない。
もっとうたのようで。
 
 


(乱暴に人生を解決しようとしないこと。)
 
 
 
風が吹いて、街の明かりが際立ってくる。
 

 

HPがじつはあります。

トップの絵を、かえてみました。

http://chiisanayama.web.fc2.com



このあいだ、Cha-tu-chaさんで
企画をさせていただいたときに
機会があって、描いた絵です。

じぶんでもけっこういいなと思って好きなので。

前よりも絵を描く時間が、すくなくなっているけれど

絵を描くことがすきだなぁと思います。

そして、じぶんの描く絵がわたしはすきです。


 
 

2014年8月3日日曜日

おかえりなさい


 
 
 
ひさしぶりに、友人のいえに
ヨガをおそわりにでかける。
 
 
半年以上、きちんと動かしていなかったからだが
ぎしぎしとして、それからすこしずつゆるんで
 
ごろんと寝転がって屍のポーズになったとき
 
窓からはいりこんだ夜風がなめらかに左頬をうって

友人たちの深い呼吸の気配があって
 
(ただいま)というきもちになったら
涙がわきあがってきた。
 
 

2014年8月1日金曜日

窓を開けて
布団を日と、風にあてる朝


床拭きをした。




朝はやい電車に乗る。

化粧したばかりの女性たちの
ファンデーションがのったふわりとした頬を見る。



骨盤が立ち上がって
お腹に力が入る感覚が戻る。

少しずつ。





火曜日
一緒に、Tシャツ展をみにいった友人たちが

Tシャツを買ってくれて、嬉しかった。




YURI TO
SUKOSHI
HANASHI WO SHITAI


そうローマ字で書いた、
文字がプリントしてあるTシャツ。

ゆりって、誰?

わからないもの
みえないもの

想像をめぐらせたらそこには
コミュニケーションが生まれる




眉間にしわ寄せて
ぎゅっと目をつぶっている、
6時54分発の電車に乗った男性




そのひとの魂が、
今日ひかるように。


蝉ばかりが鳴いている。