2015年1月17日土曜日

自分のためのメモ


誰かをすごい、と思うときに
その人がすごいんじゃなくて
その人を自分はすごいと感じた。
と、感覚の居所を、手元に置いておくことが
大切だと感じる。
その人はその人。
大きくしたり、小さくしたり、
色をつけて、みないでいること。 
 
「この人はすごい」と色づけしたときに
相手にとっては、ひとつ、決めつけられたような
窮屈な感覚を、与えることもあるかもしれないし
自分側にしても、「すごい」とレッテルを貼ってしまって
ほんとうに繊細な相手の情報を、受け取り損ねるかもしれない。
 
この人を、すごいと、わたしは感じた。
「すごい」は感想。

 
人間のほうは、もっと自由というか
多様で無形。お互いに。
視点を定めてしまわぬように。
もしくは目の前の人に過去を照らし続けないでいられたら。

0 件のコメント:

コメントを投稿