2015年2月15日日曜日





風がやんだので、歩くことにした。
夜の住宅街を、歩いて、歩いていたら
ほっとあらわれるラーメン屋。
 
よしもとばななの、『ハゴロモ』みたいだなぁ…と思う。
 
 
 
駅まで歩いたらきっと4、50分。
暗い道沿いにあるのに
扉を開けたら明るい光の下、大きな男の人たちがぎゅうぎゅうになって
賑わっていた。
 
連れて行ってくれた彼女と、入り口に近い席に並んで
黒ごまみそラーメンと餃子を食べた。
 
 
 
ぽつりぽつり、語られることばの
ことばにならないところの深さが
胸の奥にじんじんと滲みてくる。
 
 
 

満腹のからだで、吸い込まれるように入った
帰りがけのコンビニエンスストアで
Sサイズで頼んだコーヒーが、Mサイズで出てきた。
 
「コーヒー、好きですか?」
唐突な問いに
「はい」
即答した自分がいて
私はコーヒーが好き。と気づいた夜。



0 件のコメント:

コメントを投稿