2015年4月16日木曜日

朝、起きて
今日もふとんの上でゆっくり体をのばしていった。

順番にからだをのばして、腰をのばしたら上半身を起こす。
目をとじて、
今日もゆっくりと呼吸を繰り返す。

やっこちゃんに教わったことばを、1度唱えてみる。


目が覚めてシャワーを浴びて、着替えた後に
掃除機をかけた。
6帖の部屋なので、いつもは小さなほうきではいて水拭きするのだけれど
(毎日できたら気持ちがいいな)
今日はがーっと掃除機をかけたい気分だった。


そうじきをかけ終えて、
まっぴからもらったアロマポットで久しぶりに香りを焚く。


ここまで、動けるようになってきた。

思う。


心が狭くなってくると
濡れている靴でびしゃびしゃと歩いているような
そんな感じになっていく気がする。

家について玄関先で、
濡れた足のままバタンと倒れて眠る。

シャワーを浴びることが考えられない。


「お風呂に入りなよ。その方が、いい眠りにつけるよ」
と誰かがいっても
もうただ、眠るしかできないのだ。

服から雨の匂いがしてくる。
足も冷たい。

でも「あとほんのすこしのこと」にむけて
動くことができない。


そういう時もある。




そしてそういう時も
何もできていないわけじゃなくて
1番大切なことに、余力全部かけてむかっている。「眠る」




青空。近所で窓を開ける音が聞こえてくる。







0 件のコメント:

コメントを投稿