2015年4月27日月曜日


カラスノエンドウ
蔓のひゅるっとしたのが可愛い



uzaki展にて → 
購入した袋。珈琲染めがしてある。
手縫いのボタンホール。


Ura.さんのDM制作のために、撮影の日。 → 
羊毛で造られたどうぶつたちと、話しているように見える光景。
ように、というよりも、話していた。

Ura.さんから生まれたどうぶつたちと同じ空間にいると
言葉のない交流が始まるので
とても静かなのに、空気の質がぐっと、豊かになる。

存在同士になる。








やっこちゃんに声をかけてもらって
ダンスを観てきた。
圧巻。
涙が自然とこぼれる。

飯能の商店街
ステップ踏んだりしながら
「どうして今まで踊らなかったんだ!」「アホだった!」
と言いながら、観てきたのを真似て腕を動かす。

あんな風に体を使えるのに!
ひと踊りもしないで!

家に帰ってから踊るように腕を伸ばしてみる。
誰も見ていないから不格好でもよくて、
自分が気持ちのいいように。
ただストレッチするよりもずっと楽しいし
からだの色んな部分が連動していく感覚が楽しい。




踊り終えたひとの
踊りきった空っぽに光がこんこんと湧き続けるような
美しさを思い出している。

0 件のコメント:

コメントを投稿