2015年5月25日月曜日



サオリさんの展示に合わせ、
三重県津市へ行って
帰ってきた。

昨晩の夜中に戻ってきて
今日からまた、日常が始まる。
 
待ってもらっていた、作業に取り掛かり始める。
 
喫茶tayu-tauのふたりの空気が
まだ近くにある。



新幹線に久しぶりに乗る。
速さを浴びる。

 

搬入前、tayu-tauさんでごはんをいただく。
メンチカツ。
美味しい。
ひとくちひとくち、美味しい。
 


翌日から2日間、展示受注会が始まる。
 


旅立っていったピンクのパンツ。
試着して、注文する色を選んで、
ごはんを食べて、また悩んで。
 
 

甘夏ネード。
瑞々しい甘さと苦み。
 
 

ビジネスホテルも久しぶりだった。
  
 


オープン前
  
 

四天王会館内
  
 
 
夢のクリームソーダ。 
 
  
  
20時、津を発つ。
 
 
23時前、東京駅に着いて、少し安心する。
電車の中で眠りながら
真夜中地元の駅に着いたら木々の匂い。
 
 
 
眠って起きて
待ってもらっていたお仕事にまたとりかかる。
  
 
 
昨年末、一緒に展示受注会へ行って手伝わせてもらったとき
夢の中にいるみたいな時間だと感じた。
 
今回は、ずっと、目が覚めていた。
 

夢みたいな瞬間もあるけど、はっきりとそれは現実で
tayu-tauのふたりのリズムも、考え続けて動き続ける毎日も
s-clothes-treeの服を試着して、嬉しそうに注文していくひとたちの姿も
オーダー表を持ち帰って、仕上げていく時間も
家に着いたらスケジュールをたてて
頼んでもらっていることに取り掛かる自分の暮らしも、
全部ひと続きの、生活だという感覚を自然に掴んでいて
 
昨日も開いていた目で
自分の机の上の、パソコンの画面をいま、見ている。
 


0 件のコメント:

コメントを投稿