2015年6月24日水曜日

2泊3日で神戸へ


いただいたお仕事の打ち合わせが目的の旅
じっくりと
友人たちと過ごす時間だった
 
  
 

行きの新幹線
 
静岡あたりでバチバチと降っていた雨が
次第にあがって
 
京都の頃
大きな虹が出た
 
見ていると、虹の輪郭は微かにゆらゆらと揺れて
オーロラみたいだった
 

 
大阪に入ると、東京から空を覆い続けていた雲の終わりがあり
青空が見えた
 
 
 
 
スケッチをたくさんとり
写真も撮って
 
それからじっくりと
話に耳をすませたり
じぶんの話を、聞いてもらったりした







2泊、それぞれ
友人宅に泊めてもらう


2泊目の夜

用意してもらった部屋の壁に
ヨーコさんの麦わら帽子に、すこし似た帽子がかかっているのを見て

きっと、yuzuriで本の市をやらせてもらったとき
もうすこしさかのぼれば
cafe leuteで過ごしたたくさんの時間
もっと、さかのぼれば
学生の頃・・・
 
あのときからの流れの中にいる
という感覚が起こる
 
 
 
目の前の選択肢を迷う時
 
あっちか、こっちかで迷い
あっちをとれば、こっちとさよならするような
そんな感じがするから
何も選べなくなるような
そういうところが

わたしにはある
 
 
でも本当は、
ずっと長い流れのなかにあるのだから

その流れをみつめれば
自分が次にむかうのがどこなのか

自然とあらわれるものに
素直になれる
 
そんな風にも思えた








0 件のコメント:

コメントを投稿