2015年8月21日金曜日

もちもののはなし 2


simフリーのことは
自分なりにインターネットを使ってだけれど、調べて
検討しながら決めていきました。

でも自分も苦手な分野だし
苦手な友人たちも多いと思うので
わたしが調べた範囲を
ちょっとシェア。





sim

携帯電話には、simというIDカードを入れて使います。
これを使うことで、電話番号を持てたり、インターネットに繋がるようになります。

電話番号を使えるのは
音声通話つきsim。
(わたしが調べてあたった会社ではすべて、
今使っている電話番号をそのまま移行できるようでした。
新規でも電話番号をつくれます)
 
電話番号の登録はなく、インターネット通信だけの
データsimというものがあります。

 
○ 
simフリー

docomo、au、ソフトバンクなどの大手通信会社は
携帯電話にロックをかけて、自分の会社のsimでだけ
使えるようにしています。
(会社、携帯電話の種類によっては
3000円程度でsimロックを外すサービスもあるそうです。
ロックを外せば、simフリーになります)

simフリーの携帯電話は、ロックがかかっていないので
どこの通信会社で提供しているsimでも、使える状態といえます。
 (動作確認されていないこともあるので、自己責任の部分もあります)
 
※海外旅行をするひとが、simフリーの携帯電話を求めたりする理由※
国内のsimをぬいて、旅先で購入したsimをいれれば
その国の通信会社の回線、料金設定で、携帯電話を使えるようになります。
 
 


simを販売している、通信会社と、回線のこと

楽天モバイルや、ビッグローブ、ocnなど、調べるとたくさん
simを販売し、インターネット・電話回線を提供してくれる会社があります。
「大手の回線じゃなくて、大丈夫だろうか」と感じるかもしれませんが
たとえば、楽天モバイルはドコモの回線を借りていたり
それぞれの会社が大手通信会社の回線を借りて、使っています。
だから
通信状態は安定していると考えてよさそうです。

 
 
●わたしが感じるsimフリーの利点●
 
自分で、選んだ携帯電話を使い
自分で選んだ、通信会社と契約ができます。
 
通信費が安くなることも大きいですが、
2年使用の契約や、解約時の違約金が発生しない
海外でもふだん使っている携帯電話機を使えるなど
契約にかかる負担も少なくなり、自由度がとても広がります。
 
また、大手通信会社独自のアプリが初めからたくさん入っていたり
オプションに加入する必要があるといったことが、ないので
はじめからシンプルに使うことができます。
 

●デメリット●


 アットマーク、docomo。アットマーク、ezweb。。という
 「キャリアメール」というものが
 使えなくなります。
 gmailやyahooメールなどのフリーメールを使えば問題ないですが
 相手のメール設定によっては迷惑メールフィルターにひっかかり、
 メールが届かない場合もあります。

・・・・・・・・・・
私の解決方法:
友人の多くとはlineで連絡をしています。また、フリーメールが届かない友人もいません。
スマートフォンにはgmailもyahooメールも、アプリをダウンロードできるので
on timeでちゃんとメールが入ってきます。
また、電話番号を使ったメールSMSでもやりとりができます。
 

「通話し放題」などのプランが見当たらない。
 わたし自信重要視していなかったので、探せばあるかもしれないけれど
 わたしの探す範囲ではありませんでした。
 たくさん通話をする人にとっては、
 もしかしたら料金が高くなることもあるかもしれません。

・・・・・・・・・・
私の解決方法:
ほとんどの友人とはline通話をしています。
また、電話料が半額になるサービスに登録しています。
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


○わたしが選んだ電話機

●電話機●
freetel xm

amazonで購入しました。

選んだ理由
今まで使っていた電話会社の解約金が一万円くらいかかるので
2万円から3万円代を予算にして探しました。
・日本の会社が作っていること、作っていくプロセスもBlogなどで見られて
 ものづくりの姿勢に好感が持てたこと→
・1年の補償がついていること
・LTEという回線が使えること
・カメラが800万画素あること
・発熱などのトラブルの報告が見当たらなかったこと
・FMラジオが、はじめからついていること
・デザインで気になるところがないこと
・調べたレビューで、好感を持って使っている人が多いこと

●通信会社●
楽天モバイル
 
通話sim
3.1Gパック(毎月使えるインターネットの量です。家ではwi-fiに繋げています)

毎月の利用料金
1728円(税込み)+通話料金

通話料金
「楽天でんわ」を使って
(スマートフォンにアプリを入れることができ、そこから使えます)
10円 / 30秒
 
選んだ理由
何か不具合があったときに、サポートが受けられるのがいいと思って
楽天は、渋谷にお店があるので
電話サポートだけではなく、店頭でも説明が受けられると思いました。
 
電話番号は変わっても困らないと思って
新規で登録して、
今まで使っていた電話番号は
電話会社のお店に行って、解約しました。
 
また、電話番号を引き継ぐ場合は、
契約の手続き上、2日〜半日くらい
電話が使えなくなる期間があることも少しネックでした。
(wi-fiがあれば、lineは使えます)

 
 
 


※電話番号をそのまま引き継ぎたい時

契約手続きのため、予約番号というものが必要になります。
今、契約中の通信会社に電話して、MNP予約番号を発行してもらいます。
(MNPとは、電話番号そのままで通信会社を変える仕組みのことです)
予約番号の発行手数料は
ドコモとauが2160円
ソフトバンクが3240円(2015/8/22現在)です。
 
それから、大手3社ではほとんどの人が2年契約を結んでいることで
毎月の基本料金が半額になるプランを組んでいます。
この契約は、更新月1ヶ月を挟み、自動更新されています。
契約内容によって変わるけれど
基本的には更新月以外の解約は違約金として10260円を支払います。






自分で購入する時の注意点

simには大きさがあって、
iPhoneはnano simという小さなsimを使っています。
他の端末はほとんど(すべて?)micro simということだけれど
わたしは、インターネットで
「freetel xm simサイズ」と検索して
「micro sim」と出て来たのを確認してから注文しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すっきり。

夏休みの、自由研究みたい。


0 件のコメント:

コメントを投稿