2015年9月18日金曜日


数日前に生まれたもやもやが
なかなか消えずに
今朝起きたときもいちばんに心にあったので
ノートに気持ちを書き出した。
 
自分が、なんて思っているか
聞いてあげないと
ずっともやもやと何か、話したがってる
ままなのだなと思った。
 
心に場所をつくって、あげないと。
 
 
 
 
ひととの間のことで
「相手が気分悪くするかもしれないな」と思って
何も言わずに受け入れたことがあったのだけれど
 
受け入れたわたしの奥で、わたし自身が、いい気持ちでいられなかった。
 
相手が気分を悪くしないように、と行動を選んだとき
わたしは
気分を悪くしているわたしのことを、無視していた。
 
その時黙っていた、心の奥のわたしが
「あのとき、すごくいやだったよ」と
ずっと話しかけてきているんだ

そう思って

ノートに気持ちを書きだしながら
隠れていたわたしの顔をみた。
 
 
気持ちを書きつらねた隣に、

わたしがまず、わたしの味方になる
 

書いた。
 
 
心の奥でなにかが、ふっとゆるんだ感じがした。



0 件のコメント:

コメントを投稿