2015年9月30日水曜日



気がつくと、とーんと忙しくて
ずいぶんと、体がかたまっているなぁと
思った、連休初日。
 
 
夕方から、家を出て
Sぽんに段ボールを届けたあと
電車に乗って
じゅんちゃんとごはんを食べに行く。
 
ずいぶんと久しぶりだったから
じゅんちゃんの姿が見えたとき、
嬉しさと一緒に、なんだか照れたような
やわらかいぎこちなさが心に芽生えて
思わず手をのばして、握手してしまった。
 
歩いているうちに
ふーっと
ふーっと
リズムができていく。
 
 
じゅんちゃんの、生命のかたちが
わたしはすきで
 
ごはんを食べてのんびり話したあと
ふっと
「じゅんちゃんに会えてよかったなぁ…」と、
言葉がでた。
 
じゅんちゃんは、今日のことを、言っていると
思ったかもしれないけれど
そのとき、わたしの心からでてきたのは
「じゅんちゃんと出会えて、よかったなぁ」
という、人生スパンの
感嘆だった。
 
 
 
すこし寄り道して、井の頭公園の池を渡るとき
うらさんとボートに乗ったことを思い出した。

街灯のあかりが、池に照るのをみて、
わかこさんに、ずっと出していない、手紙を出そうと思った。
 
 
 
 
中央線に乗りながら
やっこちゃんはもしかしたら
いまこのそばに、暮らしているのかな。
と、思ったりする。
 
 
 
ふと、いろんな、顔が
思い浮かぶ。
 
 

電車を乗り換えながら地元の駅について
電話をかけたら、月が明るかった。
 
 
「あかんで、って、言うんだねぇ
 やわらかいことばでうらやましい」
 
と話したら
 
「なおちゃんの言葉が、方言かもよ」
 
と、言われた。
 
 



0 件のコメント:

コメントを投稿