2015年10月6日火曜日




忙しかった時期が、すこしなだらかになる
 
 

繁忙期の打ち上げというかたちで
派遣先の飲み会が2日続いた。
 
1日目は、ちいさなチームで。
2日目は、ちいさなその会社の、全体で。
 
 
「おおくぼさん、今日(飲み会)、きますか?」
と聞かれて
「いきますよ」
とこたえたら
「やったぁ」
と 
女の子が笑ってくれて
心がじわっと、明るくなった。

 
介助の仕事をしている時は
アルコールが入って
からだの芯がゆるまった状態で、ひとに触れるのはこわかったから
自然とお酒を飲まなかった。
 
それがふっと
ノンアルコールではないビールを頼む自分がいるときに
あぁ、今、違う仕事をしているんだなぁと
もうとっくにそうだったことを
あらためて、何度でも、一瞬、実感したりする。
 
 
仕事をすこし離れた、そのひとの顔がみえるとき
触れた面積が広がるかんじがして
ふわりと、うれしい。
 
 
たのしくて、気づいたら2時近くになっていた。
 
帰り道、新聞屋さんが、動き始めている。
 
 
 
 
 

毎日
おなじ場所へ行き
働いて
長い時間を、ずいぶん、一緒にいるひとたちで
 
いつの間にか
わたしも
もう何百時間も
このひとたちと
時間を共にしていたんだ
 
と、気づく。
 
 

 
 
 


0 件のコメント:

コメントを投稿