2015年11月2日月曜日

11月1日
朝起きると風邪ひきそうな予感があって
すぐに漢方と風邪薬飲んで、1日眠っていた。

前日で派遣の仕事が終わった。
体も変わろうとしているのかもしれない、と思った。

1日眠っていたら夜には朝の頭痛もぜんぶなくなって
すっかり元気になっていた。
 
今朝起きて、高速バスの予約とか不動産屋さんへの連絡とか
することを考えていたら
「あ、本当にあっという間に、動いちゃうな」
という感覚がくる。
 
予定立てて見通していたことだけれど
いざ視界がひらけてくると
あぁ本当にそうなるんだ、と体感して
すこしドキドキとしてくる。

でも多分、ここ2年かけて、いきつもどりつしながら
準備はしてきていたから、こわがらないで
いってみよう、と思う。

そしてもう、色んな人が関わってくださり、動き始めている。
 
 
 
 
派遣先にいつも来てくれるおばあさんがいて
「私は、今月いっぱいなんです。いつもありがとうございました」
とお話すると
「びっくりして、手がふるえちゃう」
とおっしゃる。
 
最終日、お手紙を持っていらしてくださったので
「これからも、ご相談あれば、○○さんにお声がけください」と紹介をしていると
「昨日は驚いてしまって、ごめんなさいね。わたし、子どもがいないものだから、孫みたいに思って、お会いできると嬉しいなぁという気持ちがあって」
とお話くださって、胸がきゅんとなった。
 
おばあさんの時代の方で
お嫁に行ってお子さんがいらっしゃらないというのは
ずいぶんつらい思いもあったのではないかな、と
想像したりもした。


ひとはみんな、じぶんのかたちになるしかない

という思いと

そのかたちが、かならず最善である

という思いが重なる。



おばあさんが、贈ってくださった
お手紙とハンカチを、受け取りながら
 
愛したいっていう気持ちに
あたためられるような感じがした。

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿