2016年1月5日火曜日



なんとなく体がだるかったので
ふとんを敷いたまま家を出て
帰ってきたときに
ふかふかと敷いてあるふとんが
嬉しかった。
 
連日、賑わっている百貨店の中で
お芋を売っているからか
ひとあたりをして、帰りの電車の中で目を閉じた。
とぷんと重たく感じる体がひゅっと軽くなった瞬間があって
目を開いたら、降車駅だった。
それで慌てて電車を降りた。
 
お正月
みんなの過ごし方を感じたり
年賀状を受けとってそれぞれの近況に触れていると
わたしは何をしているんだろう
という気持ちがふと起こる。
 
今まで何をしていたんだろう
という気持ちも起こる。
 
わたしは多分、さびしい。

部屋の緑は
ぐんぐんと育っている。
 


0 件のコメント:

コメントを投稿