2016年2月13日土曜日


 
仕事の予定調整で
さおりさんが電話をくれて
話しながら、ごごご、と
動いた。

予定が決まり、
空白が埋まる。
するべきことが見えてくる。

決まったから動く。
迷いをはさまないで、
無心で行う事務手続き。
 
 
動いたその晩に聡くんとミーティング。
意図が、ぐんぐんと、伝わってくる感じがあって
ビジュアルが見えてくる。
 
翌日も打ち合わせに事務所へ向かったら
なっちゃんが
ガンガンと掃除機をかけている。
 
大掃除のようなその気配に
ならば、と私もトイレ掃除を始める。
 
掃除を終えたあと
電気カーペットの上になっちゃんが縫いあげた
リネンの布をかける。
 
やわらかい
やさしい

空気が変わる
 

 
さりげないのに
感動的なほど違う。
 
 
 

聡くんと打ち合わせ、聡くんなっちゃんと打ち合わせ
なっちゃんと打ち合わせ。
巡っていく。

あいだにたこ焼きが挟まった。
しょうゆと、ソースとの2種類。
 
大阪のたこ焼きはくたっとしていて
銀だこしか知らないわたしには
衝撃的だけれど美味しい。
 
そしてたこ焼き屋が、ありすぎる。
 
ありすぎる、と感じるが
余ってはいない。
 
ここの人らはたこ焼きを本当によく食べるのだ。
 
たこ焼き屋があるから食べるのか
よく食べるからたこ焼き屋があるのか
はじまりがわからないほどに
それは当たり前にある。
 
そしてお好み焼き屋も同じようにして、ある。
 
 
夕方からは阪神電車に乗って神戸へ向かう。
三宮で打ち合わせがあった。
 
三宮の駅を降りて、意外なほどの都市感にびっくりする。
わたしは大阪の下町のたこ焼きモードを引っ張っていたが
大阪のおっちゃんおばちゃんはそこにはいない。
電車の高架が走り
大きなデパートが並ぶ都市のかたちは
新宿にも似ている。
しかも空気感は伊勢丹前らへんだ。
 
部屋着で街に出てきてしまったような気持ちで
とたんに緊張してくる。
 
さらに待ち合わせ場所は
クレフィという商業施設に入ったアーバンリサーチ、DOORSだ。

クレフィの場所をスマートフォンで検索しようかと思ったけれど
目の前にひとがたくさんいる。と思って
駅でひとを待っている女の子に道を訪ねた。
 
「すごい、南の方なんですよ」

彼女は言う。
 
東西南北で
場所を説明しようとしている。衝撃。
 
「方角的には、とにかく南です」
 
感動。
 
わたしは南へ進んだ。

 


 


0 件のコメント:

コメントを投稿